MENU

うな菊

うな菊

うな菊

うな菊

うな菊

-創業125年老舗料亭「菊水楼」の本格江戸前うなぎ-
うな菊

UNAKIKU

臨時営業のお知らせ

通常毎週火曜日は定休日を頂戴しておりますが、下記の火曜日は臨時営業させていただきます。
> 臨時営業日を見る

うな菊

登録有形文化財にも指定される
菊水楼で本格江戸前うなぎ

かつて大和と呼ばれた奈良は、日本のはじまりとされる地です。日本最古とされる寺社が残り、世界遺産が点在する、まさに類なきロケーションです。万葉集にも数多く詠まれてきたその美しさは、悠久の時を超え今も人々を魅了します。春日大社一の鳥居前に「菊水楼」が誕生したのは、明治24年(1891年)のことです。奈良で国内外からの賓客をお迎えできる場所として多くの貴人、要人に愛されてきました。 「ここへ訪れることが名士の証」と謳われる老舗料亭として、季節ごとに最もおいしい食材を厳選し、持ち味を余すところなく引き出す料理で、120余年の歴史を刻んでまいりました。

春日大社参拝のあとは
鰻を食べる習慣

「鰻料理」は日本の伝統食であり、日本各地で神社参拝(成田山新勝寺・熱田神宮・三島大社など)と深い縁があります。創業当初から会席の一部として人気を博していた「鰻」料理。タレも長年継ぎ足しされてきたタレが存在します。鰻を専門店にすることで、春日大社参拝の際は、一の鳥居前にある「うな菊」で鰻を食べて帰るという一つの楽しみにして頂ければ幸いです。いつかそれが習慣になり、奈良観光の食文化にしたいと思います。

うな菊

国産活鰻のみを使用した
本格江戸前スタイル

時期によって最良の国産鰻(静岡・愛知・三重など)を生きた状態(活鰻)で仕入れ、その日必要な分だけ捌きます。舌触りを良くするため、腹びれ・脊びれもきれいに取り除きます。白焼きした鰻は、しっかり蒸を入れ、炭火でじっくりタレ焼きいたします。

うな菊

皇室もご宿泊された貴賓室「離れ」を改装

かつて皇室のご宿泊のために建築された客室「離れ」を改装。 荒池を望んでいただける二階のお部屋からの眺めは格別です。 二階には個室を3部屋ご用意いたします。

メニュー表記は、
日本語・英語・中国語・韓国語をご用意

世界中の方々にお召し上がりいただくため多ヶ国語のメニューをご用意しております。

うな菊

Nara prefecture is said to be one of the birthplaces of Japanese culture. There are many historical shrines that are listed on World Heritage Site, and it’s beautiful sceneries are also recited in Manyoshu - the oldest existing collection of Japanese poetries. Established in 1891, Kikusuiro is located right in front of the Torii gateway of Kasuga Shrine. For more than a century, it has welcomed many V.I.P guests from not only Japan but all over the world.

Establishing tradition of eating eel after visiting Kasuga shrine

Eel is a popular traditional Japanese food. There is a habit of eating eel after visiting shrines in many places, such as Narita-mountain Shinsho temple, Atsuta shrine and Mishima temple. It has also been a popular dish of Kaiseki-ryori (full course Japanese cuisine) in Kikusuiro. The secret eel sauce still keeps the same taste since Kikusuiro first opened its door. We hope this new eel restaurant will establish a new habit for tourists to eat eel after visiting Kasuga shrine, and create a new food culture in Nara.

Serving Fresh domestic eel
in Edo-style

We purchase only domestic eels from places such as Shizuoka, Aichi and Mie prefecture, and clean as much as we need everyday and keep the rest alive. We scrape off both belly fin and a dorsal fin as well to improve the texture. After the eel is cleaned, it is pre-cooked on grill to get rid of extra grease, steamed to medium rare and slowly grilled over charcoal with our secret sauce.


Renovating the V.I.P room that the imperial family used to stay

The restaurant building is renovated from an annex of Kikusuiro that the imperial family used to stay. We have three private rooms on the second floor, from where you can enjoy the beautiful scenery from the windows.

Providing menus in various languages

We have menu in various languages including English, Chinese and Korean.

  • うな菊
  • うな菊

↑ PAGE TOP